NABE

NABEについて

Takeru: Beowulf Cluster Reference System

現代版「Beowulf」とナベ インターナショナルの事業

株式会社ナベ インターナショナルは、LinuxベースのPCクラスタ専業メーカーです。ここでいうクラスタとは「群れ」の意味であり、複数のPCをひとまとめにネットワーク化することで、一台のPCでは難しかった処理をより速く、より正確に実現するコンピューターシステムです。

元祖PCクラスタは、導入したスーパーコンピュータから余りにも多くのデータが出力され、その処理に困ったことに端を発します。新しいシミュレーションをあきらめて、スーパーコンピュータをもう一度これらデータの解析と可視化のために使うのか?それなら自分たちでスーパーコンピュータを作ってしまおうというNASAのプロジェクト「Beowulf」が、それです。誰でも購入できる普及部品を使い、Linuxをはじめとしたオープンソースの並列計算環境を持ち、オープンネットワークを組み合わせるという開発コンセプトは、その後の高性能コンピューティング(HPCと呼ぶ)の方向を決定付けました。

当時に比べてPC部品の性能および信頼性は格段に向上し、加えてオープンソースのムーブメントによる「ユーザからのフィードバック」に鍛えられ、安定したシステムが稼動できるようになっています。しかしながら、益々高度化された構成部品が絶え間なく供給されることによって、 新たな課題、即ち「組み合わせの困難」を産み出しています。また、他方では、「サービスを止めない」ことを究極の目標とするサーバー・ストレージなどの高可用性(HAと呼ぶ)の分野にもPCクラスタは多く採用されてきています。研究機関や大学、それに民間研究所の最先端研究者のニーズはとどまるところを知りません。どのように組み合わせて、様々なニーズにどう応えるか、システムの「構築力」が試されています。

ユーザーから見れば、「使いやすく」、そして部品・システムの性能を余すところなく発揮して「速く」、しかも定められた予算に応じて「スケーラブル」でなければなりません。それら全てを貫くものが「コストパフォーマンス」となるでしょう。ナベ インターナショナルは「自らの製品戦略をベースに、個別のお客様ニーズには柔軟にお応え」し、「思考の道具」として役に立つコンピューターシステムを提供します。


Linuxは、Linus Torvaldsの米国およびその他の国における登録商標または商標です。その他記載された会社名及び製品名等は、該当する各社の商標または登録商標です。
© 1998 NABE International Corp.